不動産投資アプリ「OWNR by RENOSY (オーナー バイ リノシー)」に確定申告サポート機能が追加

この記事は約5分で読めます。

所有物件の管理に必要な情報の一元化を推進

株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジー)が不動産投資でオーナー向けに提供しているアプリ「OWNR by RENOSY (オーナー バイ リノシー)」に、確定申告サポート機能が追加されました!

同アプリは契約書や新着販売物件の確認、所有物件の管理や運用に必要な情報を一元管理し、一人一人の資産形成に寄り添うサービスを提供しています。

今回追加された「確定申告サポート機能」は、不動産投資の確定申告に必要な書類の数字を一元管理でき、当該年度の申告数字を自動算出することで不動産オーナーにかかる確定申告の負担を軽減できる機能です。不動産オーナー向けアプリで確定申告をサポートする機能は業界初となります。(※1)

アプリ内のガイドに沿って入力すると各種書類から申告に必要な情報を簡単に準備でき、作成に手間がかかる返済予定表については、OCR技術(※2)によりカメラを起動するだけで必要な数字や情報を自動的に読み取ること(※3)ができます。

また2022年2月の確定申告時期には、不動産収支内訳書の申告項目に必要な数字や情報の記載をサポートする機能の提供が開始される予定です。

※1. 同社調べ
※2. OCR (Optical Character Recognition):手書きや印刷された文字を、カメラやイメージスキャナによって読み取り、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術
※3. 一部の金融機関は対象外

確定申告サポート機能のポイント

1. 確定申告期間までに準備しておきたい各種書類の入力ガイドとリマインド機能
アプリの画面に表示されるガイドに沿って入力すれば、申告に必要な情報を簡単に準備することができます。

2. 申告項目の名称が複雑な返済予定表の読み取りと自動算出機能
スマートフォンのカメラを起動し返済予定表を写すだけで、確定申告時に必要な利息をOCR技術で読み取り、当該年度の合計額を自動計算することができます。

3. 今後、不動産投資の確定申告に必要な数字や情報の記載をサポートする機能を拡張予定
2021年度の確定申告時期に向け、同社が管理している物件の詳細情報や収支などの各種データを集約し、確定申告に必要な数字の自動算出、データ表示といった申告書作成サポート機能の追加が予定されています。

確定申告サポート機能の簡単説明動画

導入の背景

同社が「RENOSY (リノシー)」で不動産投資をしているオーナー約500人を対象に「OWNR by RENOSYでサービス拡充して欲しいこと」についてのアンケートを実施したところ、50.1%が「確定申告サポート」と回答しました。

不動産投資においては毎年確定申告を行う必要がありますが、申告項目の名称は複雑で、使用する書類やその書類から導き出す情報・数字が分かりづらいのが現状なようです。

このような背景のもと、今回誰でも簡単に確定申告の準備が行える機能がリリースされました。

「OWNR by RENOSY (オーナー バイ リノシー)」とは

RENOSY (リノシー)は「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」を経営理念に掲げる株式会社GA technologiesが提供する不動産テック総合サービスです。「住まい探しと資産運用を、もっとカンタンに。」をコンセプトに、住まいを「借りる」「買う」「売る」「貸す」「リノベーションする」、そして不動産に「投資する」を自社で一気通貫で提供する不動産情報サイトを運営しています。

会員数累計は約22万人超え(※4)、東京都心の中古分譲マンションを中心に15万棟以上の物件情報を掲載しており、アナログで不透明な不動産業務の効率化を進めながら、オンラインとオフライン双方の住まいにまつわる顧客体験の向上に取り組んでいます。

※4. RENOSY会員数は2021年7月時点、建物掲載数は2020年10月末時点の数字です

▼あわせて読みたい

RENOSY(リノシー)に借りたい・買いたい物件の最新情報をまとめて確認できる「ウォッチ機能」が追加
会員数20万人超えの不動産テック総合サービス「RENOSY(リノシー)」に、気になる物件や希望条件に合う物件の空室・販売情報をまとめて確認できるウォッチ機能が新たに追加されました。借りたい・買いたい物件情報、希望条件をウォッチリストへ追加しておくことで最新の空室・販売情報をマイページ上でまとめて確認することができます。

運営会社概要

会社名株式会社GA technologies
代表代表取締役社長 CEO 樋口 龍
所在地東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立2013年3月
資本金72億1914万6516円(2021年9月末日時点)F
URLhttps://www.ga-tech.co.jp/
事業内容 ・PropTech(不動産テック)総合サービス「RENOSY」の運営
(不動産情報メディア、不動産売買仲介、不動産販売、設計施工、不動産管理)
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
・AIを活用した不動産ビッグデータの研究
・中国⼈投資家向けプラットフォーム「神居秒算」など海外PropTech事業の運営
主なグループ会社イタンジ株式会社、株式会社Modern Standard、株式会社神居秒算など他8社

おすすめ記事

地震や台風被害を受けたマンション価格はどうなる? 浸水・停電被害を受けた武蔵小杉に見るマンション価格の変化
東京23区で10年ぶりに震度5強の地震が計測されたことで被災後のマンション売却価格を不安に感じた方も多いはず。そこで今回は過去に浸水・停電被害を受けた武蔵小杉のマンションを例に、自然災害を受けたマンション価格の変化を紹介します!また、なるべく自然災害の被害を受けないようにするためのコツも紹介するので参考にしてください。
東京23区のタワマン価格は上がっている?物件数と平米単価から見る売主側と買主側のメリットとは
全国的に中古マンションの販売物件数が減少する中で、コロナ禍における各方面の自粛ムード、東京オリンピックの開催など様々な要因を抱える東京23区内の中古マンション価格はどうなっているのでしょうか。今回は中古マンションのなかでも特に人気が高い“タワマン”の販売状況から、売主側と買主側両方のメリット・デメリットを解説します。
不動産のプロが選ぶ “欲しいマンションの設備” ランキング発表!
マンションを購入する際、価格や駅からの距離、街の住みやすさなど様々な要素から検討をすると思いますが、そのなかでも重要な判断材料の一つとなるのが共用部や室内の設備ではないでしょうか。そこで今回は全国の不動産会社(アットホーム加盟店)に勤める不動産のプロが選ぶ “欲しいマンションの設備” ランキングを紹介します!
マンション売却の悩み&不安ランキング!築年数や売却費用など避けては通れないものが上位に
今後中古マンションの売買が増えていくことが予想されるなか、住宅購入は一生ものとしてではなく住み替えを前提に購入する傾向が強まっているようです。中古住宅購入の需要が高まる一方で “自分の物件は売れるのか” という悩みを抱える方が増えているので、今回は「中古マンション売却時の悩みや不安ランキング」を紹介します!
タイトルとURLをコピーしました